いわき市 笹木歯科クリニックの矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科の重要性

歯並びが悪いと、次のような障害がおこります。

  1. 見かけが悪い(審美障害)
  2. 食べ物がうかく噛めない(咀嚼機能障害)
  3. 言葉がはっきりしない(発音障害)
  4. 隅々まで歯ブラシが届きにくいため、虫歯になりやすく、口臭の原因をひきおこす。

矯正器具の種類

メタルブラケット

広く一般的に使われているタイプの金属性矯正装置です。
その他の器具よりも目立ちやすいという部分が欠点ですが、より安価で高い効果が期待できます。

プラスチックブラケット

ワイヤーは金属ですが、ブラケット部がホワイトで、歯になじみ通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。
ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

セラミックブラケット

セラミックで作られている透明な矯正ブラケット装置です。
耐久性、審美性に優れており、見た目がきれいなので、女性に人気の矯正装置です。

コンビネーションタイプ

上顎の裏側に矯正装置をつけ、下顎にクリアタイプの装置をつけるタイプです。
上の歯のみを裏側に変更するだけでも、かなり目立たなくすることが可能です。


デーモンシステム

デーモンシステムと従来矯正の違い

  1. 痛みが少なく治療時間が短い
  2. 非抜歯で行われる割合が高い
  3. 装置があまり目立たない

デーモンシステムについて、詳しくはこちら

インビザライン

インビザラインの特徴

  1. 透明で見えない
  2. 痛みが少ない
  3. 日常生活での規制がない
  4. 歯根吸収がほとんどない
  5. 外科的な症例以外全ての症例に適応
  6. 初回開始から最後までマウスピースでできる
  7. 保定期間が短い(ワイヤー矯正に比べて)
  8. 年齢性別を問わない

すべての症例に、すべての段階でマウスピースで治療が可能です。


マウスピース矯正のメリット!

「見えない」「痛くない」「自分で取り外せる」「短時間での治療」「ライフスタイルに合わせた装着」

マウスピース矯正は従来のワイヤーでの矯正とは異なる次元の矯正治療です。従来の矯正治療の概念を根本から変えてしまったといっても過言ではありません。
デメリット、それは自己責任が求められる治療方法であり、治療の停止や中止を自分で決める事ができる治療法です。ご自身のモチベーションを保つことが求められます。毎日必ず装着する事で治療が進みます。数日間装着しないと、生物的な移動のメカニズムが停止してしまいます。また、1からのスタートになってしまいます。



詳しくはこちら


床矯正について

当院では、床矯正治療も行っております。 お気軽にご相談ください。

床矯正とは・・・
あごを拡げて歯を並べる「保存」の立場に基づく非罰し矯正です。


床矯正のメリット

  1. 歯を抜かずに矯正します。(顎を広げて並べる歯科矯正)
  2. 費用が安くできます。(早期であれば10万円から治療可能です)
  3. 早期の治療であれば安価での治療が可能。
  4. 床装置を使用し取り外しが可能です。

機能的矯正について

機能的矯正とは取り外しのできる特殊な装置を使った成長・発育を利用した矯正治療のことを言います。
この装置では、噛む力や舌の力などを歯と顎に働きかけますので、全体にバランスのとれた成長を促進し、歯だけが傾いていくという現象が起こりにくいというのが特長です。 ドイツなどヨーロッパ諸国では、治療の中で「抜歯」を極力避ける傾向があり、機能的矯正装置を活用した予防・抑制矯正が積極的に採用されています。


機能的矯正の特徴

  1. 歯は抜かない
  2. 治療後の後戻りが少ない
  3. 虫歯になりにくい
  4. 上下の歯が一緒に治る
  5. 咀嚼パターンの安定も得られやすい
  6. 発育バランスに重点を置く
  7. 食事の時は外せるので何でも食べられる
  8. 歯と顎に無理な機械的力をかけない
  9. 歯ばかりでなく顎の骨そのものに働きかける
  10. 治療後の顔の感じがとても自然になりやすい
  11. 指しゃぶりなどの癖をとるのにも極めて有効

お子様の歯並びは大丈夫ですか?

「曲がって永久歯が生えてきた!」
「アゴが小さくて歯が入りそうにない。」
「受け口で前歯が逆になっている?」


たいてい一番最初に歯並びの異常に気付くのはお母さんです。

虫歯の治療は小さいうちに発見して治せば、簡単に治せますし、子供たちの負担も少ないです。しかし、大きくなって神経まで進んでしまうと、治療は回数もかかり、子供たちの負担も大きくなります。

実は歯並びも同じなのです。歯並びの異常に早く気付き、早く治療をすれば意外と簡単に治せるのです。逆にそれを放置するとますます悪くなり、治すのに手間がかかるようになります。当院では歯並びも予防的に治すことが最もよいと考えています。



矯正治療の流れ

矯正検査と治療方針説明

矯正検査と治療方針説明口腔内写真、顔写真、レントゲン写真の撮影、歯列模型作成。


矯正装置の説明

取り外しの出来る床装置の場合、検査から約3週間後に矯正装置が出来上がります。床装置の調整と取り扱いの説明をします。


食事の時、歯磨きの時、国語音楽英語などしゃべる授業のときは装置をはずします。そのほか時間は出来るだけはめるようにします。寝ている時も装着します。小学校低学年の子など学校につけて行かない場合は家に帰ってから装着します。合計14時間以上装着できれば治療は可能です。この時間を下回ると治療が進まなくなりますので注意が必要です。

これから装置を使った治療もスタートです!がんばろう!

固定式の装置の場合は歯に装置を装着します。

ワイヤーを細い物から太い物に交換していくと歯並びが整っていきます。装置は取り外しが出来ませんので、歯磨きを念入りにしましょう。

矯正治療の管理(1〜3ヶ月ごと)

床装置の使用状況をお聴きして、床装置の状態を調べます。固定式装置の場合はワイヤーやゴムを交換します。
食生活や悪習慣についての指導をします。

虫歯と歯ぐきのチェックをして、歯石や歯垢をきれいに取ったり、歯ブラシの練習したり、フッ素を塗ったりします。

装置を使った治療が一段落したら機能訓練開始

装置を使った治療が一段落したら機能訓練開始装置によって歯並びがきれいになったら、しっかり咬めるようになるために食生活の改善、悪い習慣の指導をもう一度、しっかり行います。必要な人にはチューブ咀嚼訓練や舌の訓練を始めます。

骨が安定し、機能が安定するまで装置ははずせません。
固定式の装置をはずしたい人は保定装置に切り替えます。

矯正装置の卒業

矯正装置の卒業歯並びがきれいになるだけでなく、骨が安定すること、きちんと咬めるようになること(オクルーザー検査)悪い習慣がなくなること。つまり歯並びが悪くなった原因が改まれば治療は終了です。

矯正治療の料金

詳しくはこちらをご覧ください