当院では予防歯科が
最も大切と考えています。

  • 痛みがない時(痛くなる前)に定期的に来院して、虫歯や歯周病にならない様に予防しようというのが予防歯科(メンテナンスケア)です。
    そして当院では予防歯科が最も大切と考えています。

    日本でも当たり前のように耳にするようになった「予防歯科」という言葉ですが、実践し続けている人はまだまだ少ないと感じます。しかし、その効果は明らかです。

笹木歯科クリニックの
予防歯科について

痛くないのに歯医者に行くの?と疑問に思った方、ちょっと考えてみて下さい!

この健康ブームの中、毎日健康に過ごすために、スポーツクラブに通って運動したり、健康食品や労働補助食品(サプリメント)を摂取したり、また人間ドックを受けたりしてますよね?

これらは体が病気にならないように、予防しているわけですよね。このことをお口の中のことに置き換えてもらうと、分かりやすいと思います。しかも歯は食べ物を摂取するための大切な器官。この歯が病気になったら、全身に及ぼす影響は計り知れません。

「歯が痛くなったり、歯を失って初めて、何も気にせず美味しく物が食べられる幸せを実感しました!」
そんな患者様の声を度々耳にします。でも出来れば私たちは、歯が痛くなる前、歯を失う前に健康な歯の大切さに気付いて頂きたいと思っています。

歯は1度虫歯になったら(削ったら)、元には戻りません。私たちは一生懸命治療しますが、人工のもの(つめもの、かぶせもの)で補うだけです。そして人工のものは、残念ですが、ご自身の歯にはかないません。一生もつわけではないのです。

自分の歯に勝る治療はないのです。すなわち悪くなる前に定期的に来院して、虫歯や歯周病の原因であるバイオフィルムの除去(クリーニング)が必要なんです。
また、痛くない時に来院してもらうことで、治療に対する恐怖心がある方にも、リラックスして頂けると思います。来院回数や治療費の節約にもなります。

8020運動について

8020運動という、80歳で20本以上の自分の歯を保ちましょうという取り組みは近年では達成率が50%を超えました。多くの高齢者が定期的なメンテナンスを続けた結果、昔よりも多くの歯を残し美味しく食事を楽しめているのです。当院の患者様も同様で、永く予防歯科に取り組んでおられる方は圧倒的に多くの歯を残せています。

雑誌に掲載された調査でも、55~74歳の男女1000人への「リタイア前にやっておきたかったこと」アンケートで後悔していることトップ20の最上位に「歯の定期健診を受けていればよかった」とあります。これは失ってからでは生活に不自由し、治療するのに高額な費用がかかってしまうこの実感と言えます。

既に多くの方は「歯と糖尿病は患うと取り返しがつかない」という認識をもっておりますが、一時的に歯磨きを頑張ったり歯磨剤にこだわったりするだけで、定期的なメンテナンスを受けていない方もいます。少ない時間と費用で最大の効果を得られる予防歯科は、定期的なメンテナンスです。

ご家族みなさんでよいメンテナンス習慣を心がけてください。

予防歯科の流れ

  1. 01

    問診・検査・カウンセリング

  2. 02

    歯周病検査

  3. 03

    精密検査(唾液検査・顕微鏡検査)

  4. 04

    治療の開始

  5. 05

    再検査と再評価

  6. 06

    メンテナンス・予防歯科のスタート